1か月前から楽しみにしていたショールーム巡りをついにしてきました!

ユニバーサルホームと契約して最初に水回りを決めていきましょうと言われて残念ながらメーカーさんの予約が取れなかったり地域のバレーボール大会に参加しなければいけなかったりで一か月してようやく!
気になったらとことん気になるタイプの性格をしているので水回りを決めるまではそのことばかり気になってしまって各カタログを穴が開くほど見ておりました(笑)
結果仲介業者さんより詳しくなるという(笑)
でもカタログを隅々まで読み込んでもやっぱり実際に見てみたり体感したり、なんなら体感している人たちのブログを読む方が参考になりますね。

田舎なもので、ショールームが集まっている都会まで車で2時間かかります・・・
10時半に現地集合だったため、朝8時には家をでました。
(子供が5歳3歳1歳なので途中で何言い出すか分からないため)
ちなみに休日なので保育園はお休みなのですが子供たちはいつもより30分も早く6時にみんなそろって機嫌よく起きてきたので8時出発余裕で間に合いました
保育園の日にこうやって起きてくれたらいいのに・・・


最初はTOTOさんです。
TOTOさんは1月に別の工務店さんと来て以来二回目。
10時20分頃ついたのですがユニバーサルホームの担当さんの姿は見えず。
すぐに電話があって15分くらい遅れそうなので始めておいてください、と・・・

前回別の工務店さんと来たときは工務店さん側からは2人来てもらって1人は子守要員でゆっくり見学ができたのですが、ユニバーサルホームさんは担当さん一人でした。
前回の待遇が良すぎたのでしょうが子供は見てもらえるのかと期待してしまっていたのでがっかり。
いや私たちが図々しいんですけどね・・・
でも子供連れてくるの分かってるのだからそういう気遣いあってもいいんじゃないかなあーなんて思ったりもしちゃいました。
結局おとなしく待てるわけのない子供を担当さんが見てくれて私たちはメーカーさんの案内を受けることに。
しかし担当さんが付いていないからどこまでユニバーサルホームの仕様なのかが分からず無駄な時間がわりと多かった気がします。


気を取り直してTOTOのショールームでの出来事を・・・

TOTOに10時半に集合し、ユニバーサルホームで選べるTOTOの水回りはユニットバス・トイレ・洗面化粧台です。残念ながらTOTOのキッチンは標準外です。
案内してくれるお姉さんに連れられてユニットバス→洗面化粧台→トイレとみていきます。
前回来たときに仕様や特徴などはみせてもらいましたので今回はユニバーサルホームの標準はどれかの確認がメインでした。

ユニットバスはサザナTタイプ。
浴槽の形はラウンド、クレイドル、スクエアの3タイプから選ぶことができました。
クレイドルは全体的に丸い感じの段差もない浴槽です。
ラウンドは浴槽底の4分の1くらいに段差があって子供が入りやすくなっていたり節水だったりする浴槽です。
スクエアは四角っぽくて浴槽としては一番大きいのかな?

浴槽の形は前回来た時にクレイドルって決めていたので時間もないしスルーで。
と思ったのになぜかくるみ夫が浴槽に試し入りしてる!

くるみ夫「浴槽、ラウンドだっけ?」

いやいやいや、前回クレイドル押しだったのくるみ夫でしょ!!
私もクレイドルがいいと思ったので特にもめることなく決まったじゃん!!

くるみ夫「ラウンドだと節水だって!30リットルも違う!!水道代がだいぶ違うんじゃない?」

水道代がいくらになるかは検討がつかないけど前回散々比べてみてクレイドルにしたじゃん!
すでに決まったことだったはずなのに何度か浴槽を比べてみることになって結局クレイドルになりました
やりとり忘れたとしても同じ人間なのだから同じような結論が出るんですよ

そんな無駄なやりとりもありつつユニバーサルホーム仕様を確認していきます。


・シャワーヘッドはエアインクイックシャワー。
水に空気を含ませることによって勢いはそのままに節水できるエアイン付きで、手元ボタンで止水・吐水できるタイプでした。シャワーヘッドが四角いのもかっこよかったですが手元ボタンがついているのは丸いのしかない様子。
特にオプションにする必要なし。

・すっきりスクエア水栓
温度調節とシャワーとカランの切り替えの水栓はメタル調の四角い感じの水栓でした。自動だとかタッチ式だとかではなかったですが問題ないのでこちらもオプションなし。

・スライドシャワーバー
最近はほとんどこれな気がしますが、シャワーをかけておくところはスライド式で自分の好みの高さに止めることのできるバータイプです。角度も変えられるそうです。今の家は上か下かの二か所なので上だと子供の手が届かず常に下にあります(笑)

・手すり付き
手すりが一か所ついてました。
浴槽内か、浴槽の上の壁の部分かどちらか好きな方に付けれるらしいです。
なくてもいいけどあったら使うかなとつけてもらうことにしました。一応浴槽内でと言いましたがユニバーサルホームもTOTOも標準がよく分からなかったみたいでごちゃごちゃなってたので変わるかもしれません。

・カウンター下掃除用品収納付き
これも普通に頼んだらオプションでしたが、ユニバーサルホームでは標準だそうでつけてもらうことにしました。

・浴室サイズ1818
メーターモジュールなのでサイズが1818だそうです。しかし浴槽のサイズは尺モジュールと変わらない1616用のサイズだそうで、余った20センチのところには棚がくるらしい・・・
棚いらないから洗面脱衣室20センチ広くしてくれないかな・・・聞いてみよ・・・

・電灯は壁付けの2灯
標準はシャワーヘッドの上と浴槽の上に壁付けの丸いのが2灯ありました。
でも壁付けだと上にホコリがたまって嫌だったので同じシーリングライトでも上からのに代えてもらいました。
定価は変わらないし1灯に減らしたのにもしかしたらオプションで高くなるかもとか言われたので戻すかもしれません。

・カウンターは人大じゃない
お掃除らくらくと壁から離れるような仕様になっているカウンターではありましたが人大ではなかったです。なので選べるカラーも3種類でした(人大だと5種類)。

・浴槽もFRP
浴槽も人大ではないです。新品のピカピカの状態では違いが分かりにくいですがFRPは経年劣化しやすい?みたいなことおっしゃってました。オプションで人大にしようと思ったら定価で+12万円くらいらしいです。

・ほっカラリ床
床暖房がはいっているわけではないですが断熱材が入ってたりして床が柔らかくてさっと乾くほっカラリ床が標準でした。「ほっ」のないカラリ床にも出来るみたいですがある方にしますよねー(笑)

・換気扇は三乾王
換気扇はTOTOおすすめの浴室暖房乾燥機が標準でついていました。洗濯物も乾かせるし冬は暖房にもなって夏は扇風機?みたいな。機能は良さそうですが電気代が高そうなので洗濯物を乾かすのにはあんまり使わないかなあー

・他にオプションしたこと
以前からずっと言ってるおそうじ浴槽!!これはどうしてもつけたいとオプションの中でも高額な部類でしたがオプションしました。12万円。
あといるかいらないかわかりませんが、ランドリーパイプを1本追加。計2本になりました。

・ハイグレードⅡをアクセントパネル
時間のかかった浴室のカラー決め。1面壁をハイグレードⅡから選ぶことができました。
全面にしようと思ったりプレミアムグレードから選ぼうと思ったらまた差額が発生します。そこまで浴槽のデザインに拘りがないので標準から選ぶことに。
それでも35色もあったので難しかった・・・
床の色や浴槽の色の兼ね合いもあってセンスなし人間にはもう時間がかかるばっかりで
でも、床は石目調が素敵だったのわりとすぐに石目調のホワイトかベージュ!と思いました。
IMG_7720

照明を1灯にしたのであんまり暗い色じゃない方が明るくなるとアドバイスをもらいましたが結局ダーク系のファルティウッドにしました。第一印象って大事。
TOTOのセット例
https://jp.toto.com/products/bath/sazana/setplan/dark_t1624.htm

最後まで迷ったのはクレアライトグレーというコンクリートっぽいアクセントパネルです。
全国で一番人気らしいですよ。
TOTOのセット例
https://jp.toto.com/products/bath/sazana/setplan/white_t1818.htm


浴槽や浴槽エプロン、カウンターも選べましたが無難に白で。
私は黒で統一させて高級感あってもいいかなあと思ったのですがくるみ夫が「落ち着かない!!」と言い張るのであきらめました。


スポンサードリンク