新築を期に導入しましたドラム式洗濯乾燥機。
約1年新しい家で暮らしてきましたが便利家電不動のナンバー1です。
そこで縦型からドラム式に変えた時のメリット・デメリットをレビューを書いてみたいと思います。




メリット

・洗濯にかかる家事時間の大幅短縮
まずはこれに限ります。
縦型の時は
①洗濯物を入れる→②洗剤・柔軟剤を入れる→③終わる時間を見計らって取り出す→④ハンガーや洗濯ばさみ等を使用して干す→⑤乾くまで待って取り込む→⑥畳んで仕舞う
そんな工程があり手間も時間もかかりました。
しかしパナソニックドラム式洗濯乾燥機に変えたことによって②~⑤の工程を全部すっ飛ばしています。
①洗濯物を入れる→⑥畳んで仕舞う
これだけ!
とくにうちのは洗剤自動投入も付いているのですごく楽。
寝る前にセットしておいて朝起きてまず片付けます。それで終わり。
以前は②~⑤の工程だけで毎日30分~1時間くらいかかっていたのではないでしょうか?
それが今は洗濯にかかる時間は毎日10分程度。
間取りも関係していると思いますが、洗濯機があるところに片付けられるようになっているので選択済みの服を別の部屋に持って上がったりする必要もありません。
洗濯機から出して畳んでそのまましまう。すごく楽。

・虫が付かない
これは地域にもよるのですが、うちは外に洗濯物を干すとカメムシ地獄と化する時期があります。
秋~春先と長期間で。
カメムシがでない時期の方が短いという最悪なカメムシです。
タオルの裏くらいならまだいいですが袖の中とかズボンの内側とか振り払うのも大仕事だし振り払いきれなかったら洗濯物について家の中に侵入してくるという地獄。

・節水
ドラム式洗濯機は縦型の洗濯機に比べるとおおよそ8割程度節水されます。
洗濯機だけではありませんが、以前公営団地に住んでいたときは水道代が4、5千円していたのが約半分くらいになりました!

・服の換えがいらない
夏は数時間で乾く場合もありますが、梅雨時分とか冬とか服が厚手になることも相まって干すとなかなか乾かないではないですか。
下手したら2日くらい干しっぱなしとかよくありました・・・
しかしドラム式洗濯乾燥機なら洗濯~乾燥終わりまで3時間程度で乾きます。
ガス乾燥機なら1時間半とかで終わるのでさすがにそこまでは早くないですが、それでも今まで48時間以上かかっていたことを思うと激的です。
冬用のパジャマとかも子供のも含めて何着も買わなくても大丈夫。
2着でオッケー。
私が仕事で着ているブラウスなんかもノンアイロンタイプの使ってるんですが、1枚で事足ります。
洗濯機から出したのをまた着るというズボラさ(笑)
一応スペアに2着買いましたが着る機会がほぼありません。

・洗濯機置き場に困らない
これは縦型+ガス乾燥機を使用しての比較です。
私の実家は縦型+ガス乾燥機。たしかにガス乾燥機はすごく早く乾くしふかふかになります。
しかしガス乾燥機も意外とでかい。大型家電を2個置くことになるのでその分スペースが必要です。
私の実家は規格外の広さなので(笑)困りませんでしたが、38坪という大きくない家では洗濯機を置くスペースはひとつだけでした。

・電気代が意外と安い
乾燥機を使わないことに比べたら使用している分だけ高くはなります。
しかし私調べで夜間電力を使用して乾燥させると1回あたり30円程度です。
1日1回一か月使っても千円かかりません!
実家で使っているガス乾燥機は1回あたり60円程度でした。
一応ついてはいますがほぼ使ったことのない浴室衣類乾燥機は1時間で100円もかかります!
それを考えると1回30円は安いのではないでしょうか?
ただしこれはヒートポンプ式のドラム式洗濯乾燥機に限ります。ヒーター式はもっと電気代がかかると思いますのでご注意を・・・

・洗濯物を干すというスペースがいらなくなる
乾燥機がなければ雨の日とか冬とかに備えて部屋干しをするための場所を考え置く必要があるかと思います。
前の家ではストーブを付ける部屋の鴨居から鴨居に物干し座をかけて洗濯物の下をくぐって生活をしていました。
そうならないためにランドリースペースなども考えましたが、洗濯物は乾燥機に任せることにしたのでランドリースペースは不要です。
ランドリースペースを考えるなら1坪~でしょうか。
坪単価に寄りますが1坪50万円。60万円。70万円・・・・
それを思うとランドリースペースをなくしてドラム式洗濯機を買うのもいいのかなと私は思います。
乾燥機にかけられないおしゃれ着、バスマットなどを干す程度のものはあった方がいいと思います!

デメリット
・価格が高い
縦型洗濯機は上位機種でも10万円程度かと思います。
しかしドラム式は安くても15万円。最新型の上位機種になると30万円以上もします!
これはかなり高額家電ですよね・・・
私が購入したのが最上位から一つ下のモデルでしたが23万円くらいだった気がします。

・白っぽいタオルがくすむ
ドラム式の洗濯性能のためか乾燥機能のためかわかりませんが、白っぽいタオルがくすみます。
綺麗人はなっているんですけど、くすむから汚れているように見えます。
対処法として漂白剤を入れることと白っぽいタオルは買わないことです。
私が着てるブラウスとか小学校の体操服とかはあんまりくすまない気がしますが、タオルと子供のポロシャツがくすむ気がします。
小さくなるしあんまり汚れたら買い替えようと思えるのでいいのですけど。

【安くて丈夫!】【お得な2枚セット】ポロシャツ 白 2枚セット 小学生 小学 制服 通販 学生服 半袖 シャツ スクールシャツ 通学用 小学生 学校用 通販 安い 入学 買い替え 中学生 スクール シャツ ポイント消化 ラッキーシール 週末限定
【安くて丈夫!】【お得な2枚セット】ポロシャツ 
2枚で1800円程度とお買い得です。

・大きい
これは縦型と比べたときですね。
容量の違いもありますが、うちはパナソニックの中でも一番容量の大きなのを買いました。
縦型と比べると幅と奥行きがあります。
幸いうちはメーターモジュールの家で3畳の洗面脱衣室で洗濯機正面にラックを置いても不自由するスペースではありませんでしたが尺モジュールの家だと同じ配置にすると狭いと感じて不都合がありそうです。




・電気代がかかる
メリットと矛盾しるかもしれませんが、縦型+干すことに比べたら電気代はかかります。
電気使っているので仕方ないです。

・洗浄力が縦型に比べると弱い
比べると洗浄力は劣ります。劣りますが綺麗にならないなんてことはまったくないです。
ケチャップ付けたとかカレーこぼしたとかそういうとんでもない汚れ以外は普通に落ちます。

とまあこんな感じでしょうか。
私にとってはデメリットを大きく上回るメリットだらけです。
10年は使うつもりですが、この先買い替えることになってもまた同じ自動投入付きのドラム式洗濯乾燥機を購入しますと断言できます!

人それぞれ優先順位が違うと思いますのでどなたさまかのご参考になると幸いです。


スポンサードリンク