新築を納得して建てるためのブログ

              限られた予算内でどこまで納得できる家作りが出来か!                              調べていることや経験していることを書いていくユニバーサルホーム施主ブログです。                  web内覧会までできるだけ詳細に綴っていきたいと思っています。見守って頂けたら幸いです! これから新築される方の参考になれば☆

デザインを変更してみました。
スポンサードリンク

予算

上棟式に担当さんも来てくれたのでその際に打合せもしました。
コンセントの見積りについては昨日の記事の通り。

照明器具の見積りもきました!
いちおう概算で25万円とってありましたが25万円で間に合うのだろうか。
なかなみ見積りが出ないので自作で見積りも造りました。

照明器具自作見積り
青色がお願いする分。
節約のため白色は施主支給する分。

施主支給はそれでもだいぶ安く見繕っておりますが25万円軽くオーバー・・・
センサーが高いんですよねー。
でもセンサーにしたいし、と思っておりましたが。

さていよいよもらった見積りの公開です!





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

後悔ポイント第1位にあげられるコンセント関係。
標準から外れるととんでもない金額がオプション代で計上されます。
コンセント1か所追加3万円?くらいします。
とかなんとか担当さんに散々脅されましたがこればっかりはあとからどうしようもないし、いくらかかったとしても付けたいだけ付けると決めていたの付けたいところは容赦なく追加しました。

前回のコンセントの話はこちら。

後悔ポイント第1位!後悔しないためにしたこととは?
http://nattokuietukuri.com/archives/12138634.html
   



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の打ち合わせのメインは電気関係の打ち合わせ第2回目でした。

第1回目の照明打ち合わせはこちら。
照明プランの完成!ダウンライトの一体型と交換型って?
http://nattokuietukuri.com/archives/12103862.html
   


ダウンライトには照明器具一体型と交換型があるのは前途の通りですが、そうなるともちろん交換型がいいですよね!!
本体の差も思ったよりないですし!
ということでダウンライト等は全部交換型にしてもらうようお願いしていました。
出されたプランがこちら。
IMG_8283
ん?
なぜ2パターン??続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は着工前最後の打ち合わせに行ってきました。

水回りの最終決定とその他細かいところの打ち合わせです。
事前にもらっていた水回りのオプション代が+32万円なんていう数字が出ていたので慄いていたのですが・・・

一番大きかったのはトイレの金額!
TOTOのGGシリーズなのですが、ユニバーサルホームで大量発注できるGG1というタイプは+2万円だけでタンク付きトイレからタンクレス風のトイレに出来たのに、GG2というカタログ価格では3万円くらいしか変わらないのにユニバーサルホームの仕様ではないからと+12万円の数字が出てました
ということでこちらは+2万円の自動開閉の付いていないタイプにしました。

洗面化粧台はリクシルにしたのですがこちら標準でLED照明でしたがオプションでスリムLEDで見積もってもらっていました。
スリムLEDにすると鏡の内側の収納がちょっとだけ増えるという。
こちら金額が+24,800円。
これも止めました
スリムにしたらすっきりするんだろうけど多分普段生活していたらそんなに気にならない。
洗面台の照明見て「ここがすっきりしてたら良かったのに!!」なんて後悔は多分しません。
ここに2.5万円のオプション代出すならもっと拘りたいところにオプション代出したい!!続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ショールームでオプション付けた見積りが上がってきたので見させてもらいました。

IHをラクッキングにするとか洗面台をスリムLEDにするとかはまあ想像通りの値段だったし妥当だと思えました。
ちなみにラクッキング代は+9万円くらい。
LED代は+2万円くらいでした。
ラクッキングは高いだろうなーとは思っていましたが高くても絶対!と思っていたのでお願いします!
キッチンについては他にオプションしなかったし良しにします!


そして問題のトイレなのですが・・・
ユニバーサルホームが安く仕入れられるというタンクレス風のトイレがGG1なのですが、こちら自動洗浄はついていますが自動開閉がついておりません。
そこで同じGGシリーズで自動開閉の付くGG3で見積り取ってもらいました。
カタログではGG1が23万円、GG3が29万円なのでカタログ価格で差額が6万円なのですが・・・続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

間取りと予算を考えるうえで家が大きいがために予算オーバーとなったときに真っ先に削られたのが和室でした。

1階にLDK+和室と水回り、2階に各個人の部屋を4部屋と組み立てたらどうしても1階が大きくなって総二階にすることが難しく、かと言って2階のそれぞれの部屋を大きくしたらどんどん見積り上がっていくのでそうすることも出来ず。
で、まっさきに目を付けられたのが和室なのです。
和室のない家も珍しくないですものね。
4.5畳の和室と1.5畳分の収納をなくしてしまえばそれだけで3坪分節約できるわけですし、和室のない分1階と2階が同じくらいの大きさになるため総二階にすることも可能だったと思います。
坪単価約50万×3坪+総二階にしたときのコストカット分+和室にかかる金額。
和室をなくすだけで250万くらい浮いたんじゃないかな?

ただ、どーーしても和室が欲しかった!!
6畳8畳なんて大きさはいらない。妥協して3畳の畳スペースになったとしても和室が欲しかった!!

洗濯物を畳むのに便利☆とか書いてあったりするのを見ますが、正直洗濯物とかどうでもいい。
ただごろごろしたいんです!!

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

家を建てようと決めたのが2014年。
ようやく建築会社さまとの契約することになったのが2018年5月。
長かった建築会社探しの旅・・・。その軌跡をまとめてみたいと思います。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

今月中にはユニバーサルホームさんと契約する予定となり、それに当たっていくつかの会社さんにお断りのご連絡をしました。
中には1年近くお付き合いくださいました会社さんもいて大変心苦しいですが、見積りをお願いした会社せん全部と契約するわけにはいかないですからね・・・続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

家を建てるにあたって重視したポイントは大きく分けてふたつあります。
ひとつは寒くないこと。
もうひとつはなるべくメンテナンスフリーであること。

今の家から考えるとどこでどんな家を建てても暖かい家であることは間違いないです。
ただそれがどこまで長持ちするのか。毎月の光熱費がとんでもないことにならないか。
そんなことが譲れないポイントでした。
そんな私たちがこれにしたい。これはやめておこうとしたことを書いていこうと思います。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ローンを組んでもらう主人の年収は300万円代です。
私もフルタイムで働いていますが200万円台です。
超ド田舎なものでふたりともまあこんなものかなといった年収です。

そして家に関して頭金を用意することができませんでした。
フルローンです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

↑このページのトップヘ