スポンサーリンク

未分類

災害から身を守るために

スポンサーリンク

梅雨がぼちぼち明けたりしておりますが、今年も日本各地で災害が起こってしまっていますね。

被災されたみなさまに心からお見舞い申し上げます。

私も3年前の西日本豪雨で住んでいた家がまるごと浸水、全壊判定という経験をしておりますので災害をお聞きするたびに心が痛みます。

災害の可能性が高くなる前に記事を上げたら良かったのですが、今更ですが私が思う災害への備えについて書いてみようと思います。

非常持ち出しリストを作る

いざというときに慌てないように、心残りがないように、持ち出しリストを作成したらいいと思います。

私は重要度をS~Bの4段階くらいに分けて作成しています。

たとえば私の最重要リストに入れているものとして

・通帳・実印セット

・子供たちの母子手帳・へその緒

・結婚式のDVDと写真のデータ

・財布(銀行カード・クレジットカード入り)

など、Sランクに入れているのは変えの効かないものと何もない避難生活になるので現金が必要となるからです。

このSランクは厳選して、かばんひとつに収まるくらいがいいと思います。

次に重要なものは貴重品とかゲームとか、買い直せばなんとかなるけどなくなったらショックなもの。

最後に余裕があったらおもちゃとか服とか無事だと嬉しいものをリストアップしています。

こうしてリスト化しておけばいざというときに「あれも持ってきたら良かった!」とか「あれも思っていたのに忘れた!」なんてことを防げます。

ちなみに私は会社の事務員をしているのですが、会社でも勝手に私の独断と偏見でリスト化していていざとなったらそれで会社の備品を避難させようと思ってます。

会社も川沿いなので心配なのですよ・・・

日ごろから災害に備えて買えるものは買っておく

たとえばうちには猫がいるのですが、いざとなったら猫も連れて逃げなきゃいけないですが、いざとなってからケージは用意できません。

そのような、直前では間に合わないようなもので買えるものは買っておいた方がいいです。

本当は非常用持ち出しカバンを用意するのがいいのでしょうが、なかなか用意できなかったりしますよね・・・

非常食や非常水も5年とかは持つけど5年って結構あっという間で、賞味期限切れちゃったりしますし・・・

100%完璧な非常用持ち出し袋じゃなくてもいいので、出来る範囲で用意したらいいかもしれないです。

懐中電灯とか軍手とか、自分の出来る範囲のものだけでも非常時にあるとないではきっと違うので。

買い置きは気持ち多めに買っておく

上のと似ているかもしれないですが、例えば

・トイレットペーパー

・ティッシュペーパー

・サニタリー用品

・猫のえさ

・乳幼児家庭だと紙パンツ

・パスタやインスタント麺など保存のきく食料品

こういういった普段から必要な家の備品みたいなものが家に多めにあった方が安心な気がします。

物流がストップしたり、去年のコロナパニックのときにトイレットペーパーが品薄になったりしたときも家にしばらく使う分くらいあったら安心です。

家の収納との相談にもなりますが。

買占めはダメですけどね、普段から多めに備品を用意しておくことは災害の備えになるのではないかと思います。

災害時にはとにかく命第一!!!

私が思う備えを書いてみましたが、万が一災害が起こったらとにかく命第一!!!

思い出の品も高価な品もなくなったらショックだし損害は大きいと思います。

でも生きているからこそです。

危ないと思ったら早めの避難が最重要!!

最悪、身一つで逃げたとしても命があったら立て直せる。

自分とそれから家族の命を守ること。

避難指示で避難したとしても何事もなかったらそれでいいと思います。

避難したことは無駄でなく、きっと練習になったはず。本番がないに越したことはないですが、もしその被災本番があったとしてもきっと大切なものを守ることができるはず!

 

私が書いているようなことはきっと他のどこかでも言われているし書かれているかと思います。

私より丁寧で正確な情報もあるかと思います。

それでも、この記事が誰かの目に留まってなにかしらの役にたったら幸いです。

災害といってもいろんな災害がありますので、どうかみなさま無事にお過ごしください。

 

0

スポンサーリンク

-未分類

© 2021 新築を納得して建てるためのブログ Powered by AFFINGER5