ショールームでオプション付けた見積りが上がってきたので見させてもらいました。

IHをラクッキングにするとか洗面台をスリムLEDにするとかはまあ想像通りの値段だったし妥当だと思えました。
ちなみにラクッキング代は+9万円くらい。
LED代は+2万円くらいでした。
ラクッキングは高いだろうなーとは思っていましたが高くても絶対!と思っていたのでお願いします!
キッチンについては他にオプションしなかったし良しにします!


そして問題のトイレなのですが・・・
ユニバーサルホームが安く仕入れられるというタンクレス風のトイレがGG1なのですが、こちら自動洗浄はついていますが自動開閉がついておりません。
そこで同じGGシリーズで自動開閉の付くGG3で見積り取ってもらいました。
カタログではGG1が23万円、GG3が29万円なのでカタログ価格で差額が6万円なのですが・・・
なんとオプション代+12万円!!

量販的な感じでないからこんな金額なんでしょうね。
でも+2万円くらいと聞いていたのでその金額に驚きました・・・

本当の希望はネオレストなのですが、高額すぎると妥協してGGにしたのにこの金額はない!
+2万円で済むGG1か、オプション代でこの金額出すならいっそネオレストにしたい!
ということで再検討です。

以前持ち込んだネオレストの見積りはネオレストの中でもいい方のRHだったのでDHで再見積りしてもらいことにしました。

ここでTOTOトイレの違いを調べてしました。


ネオレストのAH・RH・DH
AHとRHは形が違うだけで機能はほとんど、価格は一緒です。カタログ価格で344,000円か389,000円。
この45,000円の差は室内暖房と瞬間暖房便座があるかないか。
DHはAHとRHより機能を落としお手頃価格にしたもの。カタログ価格で279,000。温風乾燥を付けたら299,000円。
AHとRHにあってDHにないものは結構あります
・オート便座開閉、リモコン便座開閉
・やわらかライト
・エアインワンダーウェーブ洗浄
・オートECO小
・便座きれい
・きれい仕上げ
これは欲しいっていうのと別になくてもいいかと思うのとこれはなにと思うの色々です(笑)

279,000円のネオレストにもふちなし形状だったりトルネード洗浄だったりノズルきれいだったり、もちろんリモコン付きのウォシュレットもついていてネオレストの機能はばっちりです。


GGについて。
ネオレストは正真正銘タンクレストイレなのですがGGシリーズはタンクレス『風』です。
タンクがないように見えますがタンクが内臓されています。
なのでタンクレスは水圧が弱くなりがちな2階以上とかには不向きな場合もあるそうですがこちらのGGはその欠点がないのです。
なので水圧が弱いけれどタンクレスにしたい人にはおすすめ。
GG1、GG2、GG3とあって数字が大きくなるほど高機能。
カタログ価格で23万円、25万円、29万円。
GG1になくてGG2にあるものは温風乾燥。
GG1になくてGG3にあるものは温風乾燥とオート便座開閉&リモコン便座開閉。

GG3になくてネオレストにあるのものは
・やわらかライト
・エアインワンダーウェーブ洗浄
・便座きれい
・きれい仕上げ
でしょうか。上記もネオレストの安い方にはついてないのですけどね。


あとは見積り結果と相談です。
私はネオレストの形が好きですが、くるみ夫が贅沢言えばオート開閉が欲しいとのこと・・・
トイレの手洗いをくるみ夫の希望により自動水栓にしたのでこれ以上自動を増やすのは止めて欲しい・・・
楽ですけどね。お金がね・・・



スポンサードリンク