スポンサーリンク

未分類

ユニバーサルホームで建てた軽量コンクリートALCと塗装はイベリアンの3年目の状態

スポンサーリンク

4月も中頃を過ぎて春らしく穏やかな暖かい日も多くなってきましたね!

家の八重桜がとても見ごろになってます。

先日の雨と風で散ってしまうかなーと思いましたがまだ満開になって間もなくだったのであっさり散らずに頑張ってくれています。

先日我が家の次男が小学校に入学したのですが、ソメイヨシノは卒園式時に満開で入学式には葉桜でしたが代わりにこの八重桜が見事に満開でそれも晴天でいい入学式でした。

さて家を建ててしまったので新しいことをしたりリアルタイムで報告することがなくて申し訳なのですが・・・。

そこで今後は経年劣化を報告したりもしようと思います!!

家を建てるといつまでも新築ではないですよね・・・

なので今から家を建てる方は住んでからのことを心配するかと思います。建ったとき。住んでいるとき。数年経っても大丈夫なのだろうか。

せっかく現状住んで経過しているので私たちが選んだ設備がどう経年劣化していくのか、そんなことを書いていけばこれから選択される方々の参考になるのではないかと思ったのです。

ということでこれからは定期的に色んなところの経過を報告してきますね!

選択した設備

まず1回目ですが、タイトル通り外壁を紹介したいと思います。

うちが選んだ外壁設備のスペックをご紹介。

・ハウスメーカー・・・ユニバーサルホーム

・素材・・・朝日化成ヘーベルパワーボード(37mm)(標準仕様)

・塗料・・・イベリアン(オプション)

ALCのデザインは標準の中から選択できたものです。ちなみにライン50という横のラインです。

 

塗料はかなりいいものにオプションで変更しています。

イベリアンという塗料でカタログ数値ですが30年持つらしい。シリーズの中でも上位に位置付けされていて、御影石調らしいです。

こちらが引き渡し直後の割と塗りたてほやほやな家の外観。

全体を撮っていないので分かりにくくて申し訳ない・・・

外壁のみに焦点を当てたアップの写真はあんまりないのですが、これが一番アップかな?

玄関を紹介しようと思って撮った写真です。

こちらは引き渡し前の写真ですが、コーキング部分も分からないほど綺麗に塗ってくれています。

3年後のイベリアン

さてこれが現在の外壁の状態。

引渡前にはなかったカエルなんかもいますが同じアングルで・・・

コーキングを含めたもっとアップがこちら

まーったく経年劣化の様子もありません!!

少し前にユニバーサルホームの最後の点検があったのですが、担当さんが「さすがイベリアン」と感心しておられました。

他の塗料を知らないのでなんとも、というところはあるのですが、現状とても満足!

あとは本当に30年保つのかなと思いますが、また定期的にご報告したいと思います。

最後に

うちはイベリアンにグレードアップさせたことによって初期費用が50万くらいあがりました。

しかし10年で塗り替えをしなくてはならないことになったらそれだけで100万円くらいかかるかと思います。

今回この記事を書くことによってつなぎ目なんかを粗探ししたのですが全然どこがつなぎ目なのか分かりませんでした。

うちの外壁は前途した通り、ヘーベルパワーボードという外壁を使用しておりまして、サイディングと同様にパネルを貼り合わせることによって外壁にしています。

私が調べた情報ですが、このALCという素材は断熱性に優れていたり遮音性に優れていたり、外壁として優秀な面はたくさんあるのですが、唯一にして最大の欠点が耐水性が脆いこと。

雨にさらされる外壁として致命的なのですが、それをカバーするための塗料だと思っています。

なので塗料は耐久性に優れたものを選択することが何よりなのではないかと思うのです。

それが長い目で見たときの金銭的にも優れているし、あとこのイベリアンという塗料はキレイ!

業者さんがすごく塗装するのに気を使ってくれたらしいです(笑)

 

外壁材と塗料は割と信頼しているのですが、コーキングをちょっと心配しています。

コーキングが割れるとそこから浸水してきたりすると家が傷む原因になりますからね・・・

ということで3年目の外壁報告でした!

また定期的に載せていきますね!

 

0

スポンサーリンク

-未分類

© 2021 新築を納得して建てるためのブログ Powered by AFFINGER5