スポンサーリンク

契約から引き渡しまで

話が違うじゃないか!!(怒)

スポンサーリンク

昨日はショールームの予定が伸びたため、ユニバーサルホームに打合せに行ってきました。
主に色やデザイン等を決める日だったのですが・・・。

・外壁のデザイン&カラー決め
・屋根のカラー決め
・玄関ドアのデザイン&カラー決め
・フローリングのカラー決め
・室内建具のデザイン&カラー決め

このあたりの打合せでした。
それぞれの標準仕様についてはまた明日以降に書いていきます。


今回のタイトル、話が違うじゃないか!はフローリングのことです
ユニバーサルホーム、大きなセールスポイントのひとつが1階全部屋床暖房です。
床暖房なのに無垢フローリングが選べることが最大の魅力です。
モデルハウスのフローリングは合板なので参考にならないのですが、完成見学会などに行ったときにフローリングの種類を聞きました。

「これはサクラです。選べます」

はい。はっきり聞いています。記録に残していないのが残念なくらい。

昨日フリーリングを決める段階になって、「どのカラーにします?」から始まったのです。
あれ?まず素材決めるんじゃないの?
私たちの疑問が顔に出てたのか

担当「すみません。サクラじゃなくてパインでした。床暖房対応は材質はこれしか選べません」

いやいやいやいや、話が違うじゃないか!!
同じ無垢フローリングでも広葉樹と針葉樹ではだいぶ違います。
私たちは柔らかさより傷がつきにくいことを優先させて広葉樹の材質がいいと思っていました。
一番いいかなあと思っていたのはオークです。
色味とか木目の感じとか硬さとか丁度いいなと思ってました。もしくはバーチ(樺)。
「それが選べるなら良かったねー」なんて呑気に話をしていのですが・・・

話が違うじゃないか!!

ウッドワンのピノアースだということは知っていのでデジタルカタログを見てました。
ピノアースシリーズは『ニュージーパイン』というのを見て嫌な予感はちょっとしていたのですよ。
でも担当さんはサクラも選べると言ってたし、私が何か見落としてるだけか建築会社向けの商品があるのかなとか思っていたのですが・・・。

予感的中!ニュージーパイン!

更にこれは聞いていなかったので話が違うわけではないのですが、ウレタン塗装仕上げでした。
自然塗装が良かった・・・
(そのあたりの話はこちらでhttp://nattokuietukuri.com/archives/8752136.html書いてます)
2階の遮音フローリングもピノアースなので当然素材はパインです。
こちらは自然塗装を選べましたがさらにオプション。またオプションかと思って金額聞かなかったですが、今自分で計算してみたら精々1~2万円のアップになるかなという感じです。
ちなみに階段も無垢フローリングにグレードアップしているのですがこちらも色を聞かれただけで塗装については触れられず・・・
調べてみると自然塗装クリア色もあるみたいなので今度聞いてみようと思ってます。

ウッドワンさん、フローリングについて3種類出してるみたいです。
・合板フローリング
・無垢フローリング
・合板と無垢の合わせ技
(ウッドワンのフローリングに調べた記事も書きたいと思います)

私たちがオークが良かっただけで、パインも人気の無垢材です。
温かみがあって柔らかく肌触りがよくて。
ユニバーサルホーム、床下がコンクリだからな、1階は柔らかい材質の方が良かったかもな、なんて無理やり納得させてます・・・

フローリングに拘りがありました。
床暖房<無垢フローリング。床暖房を付けたら無垢フローリングを諦めないといけないくらいなら床暖房をやめる。それくらい無垢フリーリングが良かった私たち。
確かに魅力的な床暖房。正直おまけくらいな気持ちでした。
無垢フローリングありきの床暖房なのです。

でもまあ無垢は無垢です。パインだしウレタン塗装だけど

私が調べまくっているのもあるのですが、担当さんより私の方が詳しかったり情報を先に知ってたりするのがちょっと気になるのですが・・・
3回「ちょっと待って」ということがあったら言おうと主人と話をしました

外壁のデザインや玄関ドアについては事前の下調べ通りでした。話が違うこともなかったです(笑)
ちなみにフローリング・階段ともにカラーはナチュラル色にしました。

0

スポンサーリンク

-契約から引き渡しまで

© 2020 新築を納得して建てるためのブログ Powered by AFFINGER5