さて引き続き水回りについてのご紹介。
今日はユニバーサルホームの標準仕様の洗面化粧台についてです。
週末にショールームにて水回りを決定させなければいけないので予習の調べものが忙しいです

ユニバーサルホームで選べる洗面化粧台は3社です。
リクシル・TOTO・トクラス。
共通して900サイズ。収納は片引出タイプ。壁付け水栓、ハンドシャワー。3面鏡。蛍光灯。
モデルハウスにはリクシルが置いてありました
洗面化粧台についてはあんまりこだわりがないので3社ともあまり変わらないなあと思ってます
多分どこのメーカーにしてもオプション付けません(笑)
一応3社の違いを書いてみようと思います。

まずはリクシルのピアラ。
IMG_7593

・洗面ボウルが大きい(73cm)
・エコハンドル
・新てまなし排水口
・ウェットパレット
・扉カラーは4種類
モデルハウスでみたときに思いましたがボウルが大きいという印象
カーブが緩やかで底が平らに近いので洗面器やバケツなどが置きやすそうだなと思いました!


続いてTOTOのオクターブ。
IMG_7594

・エアインシャワー(節水)
・洗面ボウルサイズは普通かな?
・エコシングル水栓
・奥ひろし(排水管の位置を工夫しキャビネット内の収納力アップ)
・エコミラー(くもり止めヒーターなしでくもりにくい鏡。エコです)
・お掃除らくらく排水口
・扉カラーは7種類
リクシルも同様ですが掃除についてとかよく考えられているのはさすがだなあと思います。
リクシルはウッディーテイストのカラーしか選べませんでしたがオクターブはパステルカラーもあるのでお好みの方は嬉しいかもしれません
TOTOが最近売り出しているキレイ除菌水は標準ではないのでつけたい方はオプションですね


最後はトクラスのEJ。
IMG_7592

・洗面ボウルは3社の中では一番小さい。その代りサイドの仮置き場が一番広い。
・乾くん棚(真ん中の鏡裏、一番下の段が網になっていて濡れたものを収納しやすい。取り外しも出来る)
・くもり止めのヒーター付きの三面鏡。
・カラーは白1色。
・人造大理石
乾くん棚は他社にない機能で、「お!」と思いました。が、濡れたものおいたら洗面台に水が滴って汚いことになるのでは?と思ったり
カラーも標準では白のみなので他の色を選びたかったらオプションです
トクラスの人造大理石なのは魅力ですけどね!


それぞれの違いをピックアップしてみましたがやっぱり基本はどこも抑えてあるのであとは好みですよねー。
どこのメーカーを選ぶとしてもオプションをお願いするとしたら蛍光灯からLEDにするくらいかなと思います。
またショールームに行ってみての感想・レポートは後日アップします!
スポンサードリンク